ニュース
» 2014年05月12日 16時00分 UPDATE

工場ニュース:「MRJ」の生産拠点として、名古屋空港隣接地を三菱重工が取得

愛知県は、県営名古屋空港隣接県有地の事業予定者として三菱重工を選定し、売却に向けた手続きを実施することを決めた。同用地では、約50年ぶりに日本で開発される航空機である「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の量産を行う予定だという。

[MONOist]
MRJ

 愛知県は2014年5月12日、県営名古屋空港隣接県有地の事業予定者として三菱重工業を選定し、売却に向けた手続きを実施していくことを決めた。

 同地区は「アジアナンバーワン航空宇宙産業クラスタ形成特区」の中核プロジェクトとして、愛知県が航空機の生産・整備拠点の誘致を図っていたもの。同地区活用の事業提案として、三菱重工業1社のみから応募があり、外部有識者で構成される選定委員会における審査の結果、同社を事業予定者として選定した。最終的な売却は、愛知県議会の議決など、所要の手続きの後実施されるという。

 同地区では、約50年ぶりの国内開発の航空機として注目を集める「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の量産を行うという。MRJは、三菱重工業の子会社である三菱航空機が開発する70〜90席クラスの次世代民間旅客機。初飛行予定が2015年第2四半期、初号機納入予定が2017年第2四半期に予定されている。

 新たな生産工場の設備投資額は建物、設備込みで200億円規模だとし、年間生産額は2017年度で240億円規模、最大で1100億円規模になるという。また雇用者数は300〜500人規模になるとしている。



海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.