ニュース
» 2014年05月13日 13時05分 UPDATE

ウェアラブルデバイス:「疲れ」や「眠気」を教えてくれる次世代メガネ「JINS MEME」――2015年春発売

ジェイアイエヌは、メガネブランド「JINS」の新製品として、「世界で初めて」(同社)3点式眼電位センサーを搭載した「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を2015年春に発売すると発表した。

[MONOist]
JINS MEME

 ジェイアイエヌは2014年5月13日、メガネブランド「JINS」の新製品として、「世界で初めて」(同社)3点式眼電位センサーを搭載した「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を2015年春に発売すると発表した。

 同製品は、人間の五感の約9割を占める「視覚」が持つ膨大な情報量に着目し、「自分を見る」をコンセプトに、約4年の歳月をかけて開発したもの。眼球運動に伴う目の周りの電位差を計測し、視線移動を検出する眼電位センシング技術を応用し、「疲れ」や「眠気」などの重要情報を可視化・管理するという。

 今回、産学共同(東北大学、芝浦工業大学、慶應義塾大学、慶應義塾大学大学院)での技術開発により、メガネに搭載可能な3点式眼電位センサー(特許出願中)を世界で初めて開発。鼻パッドと眉間部から検出される眼電位により、8方向の視線移動とまばたきのリアルタイム測定を可能とした。

JINS MEME JINS MEME
3点式眼電位センサー 3点式眼電位センサー

 同製品はBluetooth通信により、スマートフォンの専用アプリと連動。「オフィス」「ドライブ」「フィットネス」の3つのシーンに応じて、取得したリアルタイムデータを表示・管理できる。オフィスでの利用の場合、眼球の動きから作業の疲れや集中度合いを計測。JINSが独自に開発した疲労指数「me(Mental Energy)」として可視化する。ドライブでは、ドライバーの眠気の兆候を検出する。芝浦工業大学との共同研究により独自アルゴリズムを構築し、眠気を事前に察知してアラートする。フィットネスでは、フレーム部に搭載された6軸(3軸加速度・3軸角速度)センサーにより、頭部の微細な動きを捉え、正確に歩数や活動量を算出。また、歩行やランニング中の体の傾きやブレをリアルタイムに検出できるので、体幹・体軸を意識したトレーニングの実践に役立てることができるという。

 なお、同製品のさまざまな可能性を考慮し、2014年秋にAPIを公開する予定とのことだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.