ニュース
» 2014年05月15日 11時30分 UPDATE

CAEニュース:米ANSYS、ダイレクトモデラー開発元SpaceClaim社を買収

SpaceClaim製品をANSYS製品群として取り込み、機能的に統合していく方針。設計初期段階でのCAE活用を促すとともに、設計者をユーザーとしてより積極的に取り込んでいくことも狙いだ。

[小林由美,MONOist]

 CAEベンダーの米ANSYSは2014年5月15日、同社のパートナー企業だったCADベンダー 米SpaceClaim社を買収したと発表した。同年4月30日に本件の取引が完了したという。買収金額は8500万米ドル。SpaceClaimは、ダイレクトモデラー「SpaceClaim Engineer」の開発元。

 これまでANSYSは、CAE統合操作環境「ANSYS Workbench」と連携するダイレクトモデラー「ANSYS SpaceClaim Direct Modeler」(ANSYS SCDM)をOEM製品として提供していた。今後はSpaceClaim製品をANSYS製品群として取り込み、機能的に統合していく方針とのことだ。設計初期段階でのCAE活用を促すとともに、設計者をユーザーとしてより積極的に取り込んでいくことも狙いだという。

関連キーワード

CAE(Computer Aided Engineering) | 買収 | CAD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.