ニュース
» 2014年05月22日 07時30分 UPDATE

FAニュース:マカフィー、「モノのインターネット(IoT)」に向けたセキュリティ戦略を発表

ネットワークに接続された機器の信頼性、ソリューションの完全性、アカウンタビリティ、プライバシーなどの保持を目指す。

[MONOist]

 マカフィーは2014年5月9日、安全な「モノのインターネット(Internet of Things:IoT)」を実現するためのセキュリティ戦略を発表した。これにより、ネットワークに接続された機器の信頼性、ソリューションの完全性、アカウンタビリティ、プライバシーなどの保持を目指す。

 現在、あらゆる規模の企業がスマートフォンや自動車、家電製品といった多岐にわたる「モノ」と産業用センサーの接続に取り組んでいる。こうしたIoTによる機器同士の接続にはメリットがある一方で、データのプライバシーや安全性、ガバナンス、信頼性など、セキュリティ面で新たな課題が生まれているという。

 同社は、ITセキュリティ分野における経験と実績に基づいたセキュリティ機能を幅広いIoT事例に適用することで、新たな課題に対応するという。また、IP接続された機器のセキュリティを確実に担保するには、事後的にセキュリティを追加するのではなく、事前に組み込む必要があるとしている。こうしたIoT実現のための戦略を通じて、以下の5つの提供を目指す。

  • 複数の環境や機器にわたって、大容量データ環境を保護できる総合ソリューション
  • 機器が製造者の意図通り動作し、中断しないという確実性
  • 機器、ネットワーク、データセンターのすべてのライフサイクルでセキュリティを確保
  • 業界標準への対応と機器の相互接続性の確保
  • 新旧のシステムと将来にわたるサービスを接続させることで、ITサービスやクラウドサービスの課題を解決できる能力
  • 個人のプライバシーを保護するテクノロジー

 また、同社のソフトウェアを搭載したプラットフォームファミリーの「Intel Gateway Solutions for IoT(IoT向けインテル・ゲートウェイ・ソリューション)」をインテルが同年4月上旬に提供開始。これにより、産業用機器とIoT対応システムをシームレスに相互接続可能となる。


危機を迎える制御システムのセキュリティ対策とは?:「制御システムセキュリティ」コーナーへ

「制御システムセキュリティ」コーナー

工場やプラントなどの制御システム機器へのサイバー攻撃から工場を守るためには何が必要なのでしょうか。「制御システムセキュリティ」コーナーでは、制御システムセキュリティ関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け