ニュース
» 2014年05月23日 09時00分 UPDATE

工場ニュース:マツダ車専用工場がマレーシアに完成、年間生産能力は2万台

マツダは、マレーシアの自動車製造企業であるイノコムが有するケダ州クリムの工場敷地内に、マツダ車専用の車両組み立て工場が完成したと発表した。

[MONOist]
120_rk_140522matsuda.jpg

 マツダは2014年5月16日、マレーシアの自動車製造企業であるイノコムが有するケダ州クリムの工場敷地内に、マツダ車専用の車両組み立て工場が完成し、マレーシアとタイ向けの「CX-5」の量産を開始したと発表した。同年内には、マレーシア向けの「Mazda3(日本名:アクセラ)」の生産も始める予定。

 マツダは、ASEAN地域での生産体制を強化するため、2013年3月からイノコムに委託してマツダ車専用の車体工場でCX-5のボディを生産していた。今回完成した車両組み立て工場は、ボディにエンジンなどのさまざまな部品を取り付ける工程を担当する。両工場におけるマツダ車の年間生産能力は約2万台で、投資総額は約1億リンギット(約30億円)。マツダ専用の工場が稼働することにより、生産計画の柔軟な管理や品質管理の強化を行いやすくなるという。

rk_140522matsuda.jpg 車両組み立て工場のオープニングセレモニーの様子(クリックで拡大) 出典:マツダ

海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。



関連キーワード

マツダ | 工場 | 自動車 | 生産体制 | 品質管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.