ニュース
» 2014年05月26日 10時45分 UPDATE

製造マネジメントニュース:富士通の新型RFIDラベル、エアバスのRFID Integrated Labelプロジェクトに採用

エアバスは、RFIDを用いて部品の個体管理と正確なトレーサビリティを実現するRFID Integrated Labelプロジェクトに着手。このプロジェクトにおいて、富士通の新型RFIDラベルが採用される。

[MONOist]

 富士通は2014年5月14日、エアバスの「RFID Integrated Label」プロジェクトの商談を獲得したと発表した。

 エアバスは全ての航空機の製造段階から、主要な航空機部品1つ1つにRFIDラベルを貼り付けて、部品の個体管理と正確なトレーサビリティを実現するRFID Integrated Labelプロジェクトに2013年1月から着手。このプロジェクトにおいて、従来品より柔軟性や薄さを強化した富士通の新型RFIDラベルが採用されることになる。

 今回の新RFIDラベルは、富士通研究所の技術を用いて開発した。航空機部品に適用されるSAEAS5678規格と、航空業界の標準データフォーマットである「ATA Spec 2000 standard Ver. 2013.」に準拠している。メモリサイズは、1KBと8KBの2種類。大・中・小の3サイズを用意し、かつ金属・非金属にも対応することで、全世界の部品ベンダーの要求に対応できるという。リーダの読み取り距離は約1.5m、米国や欧州のRFID周波数帯域に準拠している。

 新RFIDラベルおよび関連製品は、2014年6月1日より販売を開始する。

photo 航空機部品に貼付した新RFIDラベル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.