ニュース
» 2014年05月29日 09時00分 UPDATE

人とくるまのテクノロジー展2014:「フィット ハイブリッド」のDC-DCコンバータ、フェライトコア材も新開発

TDKは、「人とくるまのテクノロジー展2014」(2014年5月21〜23日、パシフィコ横浜)において、ホンダの「フィット ハイブリッド」に採用された降圧用DC-DCコンバータと、出力密度の向上に貢献したフェライトコア材「PCH95」などを展示した。

[朴尚洙,MONOist]
TDKの車載向け降圧用DC-DCコンバータとフェライトコア材「PCH95」

 TDKは、「人とくるまのテクノロジー展2014」(2014年5月21〜23日、パシフィコ横浜)において、ハイブリッド車や電気自動車向けの降圧用DC-DCコンバータと、出力密度の向上に貢献したフェライトコア材「PCH95」などを展示した。

 同社は、2013年9月発売の新型「フィット ハイブリッド」向けに、第5世代となる降圧用DC-DCコンバータを供給している(関連記事:新型「フィット ハイブリッド」のDC-DCコンバータ!? TDKが第5世代品を開発)。この第5世代品は、出力密度が従来品と比べて2倍となる1cm3当たり2Wを達成した。また、2016年をめどに開発している第6世代品は、1cm3当たり3Wが目標となっている(関連記事:新型「フィット ハイブリッド」採用のDC-DCコンバータ、次世代品はさらに小型化)。

 今回は降圧用DC-DCコンバータの実機や開発ロードマップに加えて、第5世代品の出力密度向上に貢献したフェライトコア材「PCH95」も紹介した。PCH95は、第4世代品で用いていた「PC95」よりも少ない重量で性能を確保できるだけでなく、動作時のエネルギー損失も40%程度削減可能という特徴がある。

TDKの車載向け降圧用DC-DCコンバータとフェライトコア材「PCH95」 TDKの車載向け降圧用DC-DCコンバータとフェライトコア材「PCH95」。出力密度が2倍になった第5世代品はPCH95を採用した(クリックで拡大)

 TDKの説明員は、「第6世代品では、フェライトコア材や高放熱基板もさらに高性能なものを採用する。加えて、フィルムコンデンサを面実装タイプのセラミックコンデンサに変更し、樹脂モールドの個別部品を使っているパワー半導体についても両面放熱が可能な面実装タイプに置き換える」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.