ニュース
» 2014年06月02日 18時30分 UPDATE

車載半導体:日立オートモーティブがマキシムの電池監視ICを採用、日産のハイブリッド車に搭載

Maxim Integrated Products(マキシム)は、同社の車載二次電池セル監視ICが、日産自動車の北米市場向けハイブリッドSUV「パスファインダー ハイブリッド」に採用されたと発表した。

[MONOist]
日産自動車の「パスファインダー ハイブリッド」の外観

 Maxim Integrated Products(マキシム)は2014年6月2日、同社の車載二次電池セル監視ICが、日産自動車の北米市場向けハイブリッドSUV「パスファインダー ハイブリッド」に採用されたと発表した。

 パスファインダー ハイブリッドは、日産自動車が新たに開発したFF車向けのハイブリッドシステムを搭載している(関連記事:日産がFF車用ハイブリッドシステムを試作車に搭載、量産は北米市場で2013年から)。リチウムイオン電池セルを用いる二次電池システムのサプライヤは日立オートモティブシステムで、同システムの開発は日立オートモティブシステムのグループ会社である日立ビークルエナジーが担当した。マキシムは、日立ビークルエナジーに車載二次電池セル監視ICを納入している。

sp_140602maxim_01.jpgsp_140602maxim_02.jpg 日産自動車の「パスファインダー ハイブリッド」の外観。マキシムの車載二次電池セル監視ICが採用されている(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 マキシムは、「当社の車載二次電池セル監視ICが、パスファインダー ハイブリッドに最重要保安部品として採用された要因は、多彩な自己診断を実現する回路を有しており、豊富な診断用回路、堅牢なディジーチェーン型データ通信、高耐圧プロセスの採用など他社にない特徴を持っていることによる。これらの機能により、二次電池システムの安全性を向上させるとともに走行距離をさらに広げられる」としている。

 同社が車載分野で採用されている製品は、カーオーディオやカーナビゲーションシステムなどの車載情報機器向けが多い。今回、ハイブリッドシステムというパワートレイン系の基幹部品に採用された実績をてこに、車載分野でのさらなる事業拡大を目指す考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.