ニュース
» 2014年06月03日 16時25分 UPDATE

評価キットの提供もスタート:iOSもAndroidも両方OK! Beaconサービス開発を支援する「ACCESS Beacon Framework」

ACCESSは、Beaconを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」のAndroid対応を進め、iOS/Androidの両OSをサポートした最新バージョンを2014年7月2日に提供すると発表。併せて、3カ月間ABFの標準機能やサービスを手軽に試すことができる「評価キット」の提供を開始する。

[MONOist]
ACCESS Beacon Framework

 ACCESSは2014年6月3日、Beaconを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(以下、ABF)」のAndroid OS対応を進め、iOS/Androidの両OSをサポートした最新バージョンを同年7月2日に提供すると発表した。これに併せて、3カ月間、ABFの標準機能やサービスを手軽に試すことができる「評価キット」の提供を同年6月16日より開始する。

 ABFは、低消費電力の近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」対応モジュールを搭載するBeacon端末、スマートフォン用アプリケーション、Beaconクラウド管理システムをトータルで提供する位置連動型コンテンツ配信ソリューション。


ACCESS Beacon Framework 「ACCESS Beacon Framework」の概要 ※画像クリックで拡大表示

 プッシュ型の情報提供サービスやO2O(Online to Offline)サービスなどの開発・運用の効率化を実現し、迅速な市場投入をサポートする(導入後は、従量課金のASPサービスとして提供)。同年2月より、AppleのiOS 7に搭載されている「iBeacon」をサポートしたiOS対応版の提供を開始。このたび、Android 4.4以降をサポートしたことで、より多くのスマートフォンユーザーを対象としたサービス/プロモーションでの利用が可能となる。

ABFで利用するBeacon ABFで利用するBeacon

 ABFで利用するBeaconは、Braveridge製のハードウェアで、Nordic Semiconductor製Bluetooth Low Energy対応SoCを搭載したモジュールを内蔵。プラスチック製の筐体を採用し、付属のボタン電池(CR2032)で動作する。また、事前の認証テストなどが不要で、入手と同時に電波法に準拠した開発が行える。

 今回、ABFの新バージョンとともに発表された評価キットには、10台のBeacon、PC画面で設置したBeaconを管理できる「Beaconクラウド管理システム」、スマートフォン用のリファレンスアプリケーション、コンテンツ制作ツールが含まれる。評価期間は3カ月間。なお、リファレンスアプリケーションが提供する機能の1つに、Beacon端末に近づくと、メガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」のスクリーン上に画像やメッセージを表示させることができる「Google Glass連携」も含まれている。

Google Glass連携 リファレンスアプリケーションが提供する「Google Glass連携」について

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.