ニュース
» 2014年06月04日 09時50分 UPDATE

FAニュース:アルゴシステム、用途ごとに最適なシステムを構築可能な産業用機器群を発表

Intel Atom Bay Trailプロセッサ搭載で、Celeronプロセッサ搭載の従来製品よりCPUパフォーマンスは約2倍、グラフィック性能は約2.5倍に。一方、省エネ設計により消費電力は約半分となった。

[MONOist]

 アルゴシステムは2014年5月14日、用途ごとに最適なシステムを構築できるハイバリューパフォーマンスの産業用製品群「HiViPシリーズ」を発表した。

 HiViPとは「High Value included cost Performance」の略称で、「コスト性能比を含む高い価値」を持った製品の総称。同シリーズには、産業用PC「HiViP-P」、オールインワンコントローラ「HiViP-C」、高機能表示器「HiViP-G」の3種類のシリーズがある。

 HiViP-Pは、Intel Atom Bay Trailプロセッサ搭載の産業用PCで、シリーズ全体のプラットフォームになる。HiViP-Cは、HiViP-PをベースにHMIからPLC制御、多軸同期モーション制御や画像処理まで可能なオールインワンコントローラ。HiViP-Gは、HMIの他にWindowsアプリケーションやユーザアプリケーションを搭載可能。従来の表示器では不可能だった多様化・統合化ができる高機能表示器となっている。

 HiViPシリーズは、Celeronプロセッサ搭載の従来製品と比べ、CPUパフォーマンスが約2倍に向上。グラフィック性能も約2.5倍となり、これまで難しかった高精細の動画再生も容易になっている。また、CPU性能が上がった一方で、省エネ設計により消費電力は従来製品の約半分となった。さらに、APシリーズは厚み40mmの薄型設計となっている。

photo HiViPシリーズ
photo HiViPシリーズ概要

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


関連キーワード

産業用PC | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.