特集
» 2014年06月04日 12時05分 UPDATE

DMS2014開催直前! ブース出展情報:実際のデータを使って設計過程を再現!――ソリッドワークス・ジャパン

「第25回 設計・製造ソリューション展」のソリッドワークス・ジャパンのブースでは、2次元CADユーザーを対象にしたデモを実施し、3次元CAD利用による課題解消と付加価値を訴求する。既に3次元CADを導入しているユーザーには、統合化されたマルチプロダクト設計環境による設計の効率化をアピールする予定だ。

[MONOist]

 2014年6月25〜27日の3日間、東京ビッグサイトで「第25回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2014)が開催される。ソリッドワークス・ジャパンのブースでは、3次元CADを導入していないユーザーに対し、デモンストレーションを通して3次元CADの利点や効果を訴えたいという。既に導入しているユーザーに対しては、統合化されたマルチプロダクト設計環境による設計の効率化をアピールする予定だ。また、ブースへの来場者には「SolidWorks 事例冊子」を配布する。

出展製品

  • SolidWorks Premium 2014:モデリングや図面製作から、設計検証のための解析、生産/製造検証のためのコスト・公差・加工組立性までを装備した3次元設計ツール
  • SolidWorks Simulation 2014:線形静解析以外に、振動/落下/疲労/熱伝導などの構造、機構および流体解析ツール
  • SolidWorks Plastics 2014:射出成形過程での、部品や金型の製造不具合を予想するツール
  • SolidWorks Electrical 2014:2次元配線図と3次元モデルをリアルタイムに双方向に更新し、全ての製品設計データが同期可能な電気設計ソリューションツール
  • SolidWorks Composer 2014:作業手順書やマニュアルなど、3次元データをフル活用するテクニカルコミュニケーションツール
  • SolidWorks Enterprise PDM 2014:SolidWorksに完全統合された製品データ管理ツール
  • SolidWorks Education 2014-2015:SolidWorks Plastics/Sustainabilityモジュールが新搭載された教育機関向けライセンス。教育カリキュラム版
rk_140604_solidworks1.jpg ステージデモの事例紹介で扱うペルーの機械メーカーReseminの掘削装置(クリックで拡大)出展:ソリッドワークス

 同社は今後、3次元設計ツールを日本の技術力を融合した業界横断型のモノづくりなどに導入することで、シナジー効果を上げることは可能なのかといった動向の把握と、成長が期待されている医療関連、インフラ設備関連、エネルギー関連などの業種における設計開発の3次元化の訴求を行っていきたいという。

 「現状に課題を抱えている多くの方々に、少しでも当社のツールの良さを認知してもらい、導入促進につながればと思います。また、当社のブースに足を運んでいただくことで、3次元設計ツールの進化を感じてもらえれば幸いです。近年の関連技術の進歩には目を見張るものがあり、『設計のために3次元データを作る』、『設計検証に用いる』だけではなく、その活用技術にも注目が集まってきています。当社では、今後3次元データを活用するシーンがさらに広がっていくことにも大きな期待を寄せています」(同社)。

第25回 設計・製造ソリューション展(DMS2014)

会期 2014年6月25〜6月27日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

ソリッドワークス・ジャパン ブース情報

東2ホール(小間番号:9−50)


第25回 設計・製造ソリューション展特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.