ニュース
» 2014年06月04日 16時07分 UPDATE

その名も「Health」:「iOS 8」はヘルスケア管理アプリを標準搭載、データの一元管理が簡単に

Appleの次期iOS「iOS 8」には、ヘルスケア管理アプリ「Health」が標準搭載される。このアプリによって、さまざまなメーカーのヘルスケア製品と連携が取りやすくなり、かつデータを一元管理できるようになる。

[MONOist]

 Appleは2014年6月2日(米国時間)、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の開発者イベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2014」で、次期iOSとなる「iOS 8」を発表した。

 iOS 8に標準搭載されるアプリの1つに、ヘルスケア管理アプリ「Health」がある。このアプリを使えば、さまざまなヘルスケア機器との連携やデータ管理がしやすくなる。心拍、カロリー消費量、血糖値、コレステロール値といったデータを、ダッシュボードで一元管理できる。ユーザーにとって最も大きな利点は、あるメーカーのヘルスケア製品から別のメーカーの製品に切り替えても、データが失われることなく、以前のデータと連続性が取れることだ。

 さらに、血液型やアレルギーなど、健康や生命にかかわる重要な情報を登録することもできる。

mm140604_ios80.jpg 「iOS 8」のイメージ(クリックで拡大) 出典:Apple

 開発者向けには、「HealthKit」と呼ばれる開発キットを用意する。これにより、Healthと連動する機器/機能を開発しやすくなる。

mm140604_ios81.jpg 「Health」のイメージ。フィットネスや栄養情報などもHealthで管理できる(クリックで拡大) 出典:Apple
mm140604_ios82.jpg 右の画面のように、緊急時の連絡先やアレルギーの情報なども登録しておくことができる(クリックで拡大) 出典:Apple

関連キーワード

iOS | アプリケーション | 健康 | 医療 | Apple | iOS 8 | iPhone | WWDC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.