ニュース
» 2014年06月06日 19時55分 UPDATE

製造ITニュース:ラティスが「XVL Player SDK」の新版を発表、リアルな質感の3Dモデルを再現

ラティス・テクノロジーは、同社が以前から無償提供していたXVL用3Dビュワー「XVL Player」をカスタマイズするソフトウェア開発環境キットの新バージョン「XVL Player SDK Ver.7.0」をリリースした。リアルな質感を表現する高品位な3D表示が可能になるという。

[MONOist]
120_rk_140609lattice_icon.jpg

 ラティス・テクノロジー(以下、ラティス)は2014年6月4日、「XVL Player SDK Ver.7.0」(以下、新バージョン)をリリースした。「XVL」とは、同社が開発した軽量3次元(3D)化フォーマットで、「XVL Player SDK」は、無償のXVL用3Dビュワー「XVL Player」をカスタマイズするためのソフトウェア開発環境キットである。今回発表された新バージョンでは、リアルな質感を表現する高品位な3D表示が可能になるという。

 新バージョンを使用して構築された3Dビュワーのアプリケーションでは、3Dモデルそのものの影や、モデル内の細かな影付けを再現できる。この結果、住宅の内外、キッチンなどの3Dモデルをリアルな質感で表示することが可能になった。また、製造業の製品モデルなどについても、金属を表現するテクスチャを利用することで、リアリティの高い3Dモデルを再現することができるという。

rk_140609_lattice01.jpgrk_140609_lattice02.jpg Webブラウザ内での3Dモデルの表示例(左)と「Visual Basic」ベースのアプリケーション内での表示例(右)。(クリックで拡大)出展:ラティス・テクノロジー

 Internet ExplorerやFirefoxなどのWebブラウザやMicrosoftの「Visual Basic」を利用したスタンドアロンのアプリケーションに加え、同社のプレゼンテーション用ツール「PowerPoint」内でも3Dモデルを表示をさせることが可能で、商品のプレゼン資料や、製品の動作資料をWebサイト上に構築するなど、3Dの活用範囲を広げられるという。

 ライセンス価格は300万円(税別、5ユーザーライセンス付き)で、年間保守費用は60万円(税別)。既にラティス製品を購入しているユーザーで、年間保守に加入している場合は追加費用なく新バージョンを利用することが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.