ニュース
» 2014年06月18日 12時44分 UPDATE

Beacon活用広がる:博報堂、O2O広告ソリューション「ACTIVATION-AD」を提供開始

博報堂、博報堂プロダクツ、博報堂アイ・スタジオの3社は、スマートフォンアプリとBeaconモジュール内蔵の広告物を通信させることで、ユーザーの行動を喚起するO2O(Online to Offline)広告ソリューション「ACTIVATION-AD(アクティベーション・アド)」を開発し、2014年6月18日より提供を開始すると発表した。

[MONOist]
博報堂

 博報堂、博報堂プロダクツ、博報堂アイ・スタジオの3社は2014年6月18日、スマートフォンアプリとBeaconモジュール内蔵の広告物を通信させることで、ユーザーの行動を喚起するO2O(Online to Offline)広告ソリューション「ACTIVATION-AD(アクティベーション・アド)」を開発し、同日より提供を開始すると発表した。

 小型のBeaconモジュールを、ポスターやのぼりなどの実際の広告や販促物などに内蔵することで、広告物からスマートフォンのBeacon対応アプリを呼び出して、プッシュ通知を送信できる。

 例えば、街中での広告近接時や店頭での入店/商品近接時にあわせて、情報プッシュ型の販売促進(キャンペーン情報やクーポンの配信など)を行うことが可能で、マーケティングの最適化を図ることができるという。また、既存の休眠アプリ(ほとんど使われていないアプリ)をバージョンアップし、Beacon対応させることで、アプリの再資産化・再活性化も図れるという。

ACTIVATION-AD Beaconモジュールを内蔵した広告物からスマートフォンアプリを呼び出す

 さらに、Beaconを介して得たユーザーの行動データ(時間、場所、頻度、通知への反応)属性と、アプリを介して得たユーザーの属性を組み合わせることで、よりユーザー行動や属性にマッチした情報配信も可能になるとのこと。

 同ソリューションは、Bluetooth Low Energyに対応したBeacon技術と、博報堂グループが持つ広告マーケティングナレッジ、スマートデバイス活用ナレッジを組み合わせることで、広告メディアとユーザーメディアのシームレスな連携を実現した。Beaconを活用したサービス開発には、ACCESSのBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」が採用されている(関連記事:iOSもAndroidも両方OK! Beaconサービス開発を支援する「ACCESS Beacon Framework」)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.