特集
» 2014年06月19日 10時00分 UPDATE

車載情報機器:トヨタの新テレマティクス「T-Connect」はマイクロソフト+IBM+Linux? (1/3)

トヨタ自動車の新テレマティクスサービス「T-Connect」は、マイクロソフトの「Azure」をはじめIT系企業のサービスやソフトウェアを活用するとともに、対応カーナビである「T-Connectナビ」をLinuxベースに変更するなど、現行サービスの「G-BOOK」から大幅な刷新が図られている。

[朴尚洙,MONOist]
トヨタ自動車の友山茂樹氏

 トヨタ自動車は2014年6月18日、東京都内で会見を開き、新テレマティクスサービス「T-Connect」について説明した。

 T-Connectは、同社が2002年から展開してきた「G-BOOK」に代わるテレマティクスサービスである。2014年夏以降に発売するT-Connect対応カーナビゲーションシステム(T-Connectナビ)の投入に併せてサービスを開始する予定だ。

 会見に登壇したトヨタ自動車常務役員の友山茂樹氏は、「テレマティクス向けのサービスや端末を開発する際に、当社の核心領域になると考えているのは、車両操作につながる対話型インタフェースや、高度運転支援につながる高精度地図・ナビ、クルマの新価値につながるビッグデータの3つだ。これらについては、技術開発とプラットフォームの構築に主体性を持って取り組む。一方、インフォテインメント(情報・娯楽)系のサービス・コンテンツについては、一般企業が参加可能なオープンなシステムを構築する。この考え方を基に開発したのがT-Connectだ」と語る。

トヨタ自動車の友山茂樹氏(左)とテレマティクス開発におけるトヨタ自動車のスタンス(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 T-Connectは、マイクロソフトの「Azure」を活用したクラウド「トヨタスマートセンター」(関連記事:電気自動車にはクラウドが不可欠、Microsoftとトヨタがサービス構築で提携)をはじめIT系企業のサービスやソフトウェアを活用するとともに、対応カーナビであるT-ConnectナビをLinuxベースに変更するなど、G-BOOKから大幅な刷新が図られている。以下にその特徴を見ていこう。

「業界初」となる2つの機能

 T-Connectの特徴は大まかに分けて4つある。1つ目は、「ドライバーと心を通わせる」(友山氏)対話型インタフェース「エージェント」である。

 エージェントは、G-BOOKで提供されていた有人オペレータサービスを自動化したロボットオペレータサービスだ。Appleの「iPhone」の対話型インタフェース「Siri」にも採用されている、Nuance Communications(ニュアンス)の音声認識エンジンを用いたクラウドベースのアプリケーションとなっている。ドライバーの利用を前提に開発されており、「○○道路沿いのそば屋に行きたい」という検索の後で、「今、やっている、駐車場のあるところを探して」といったような高度な絞り込み検索にも対応できるようになっている。

対話型インタフェース「エージェント」の概要 対話型インタフェース「エージェント」の概要(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 また、店舗名など固有名詞を検索するモードでは、「おいしい」などの形容詞が入ってもそれを固有名詞の一部として認識するようなアルゴリズムも採用している。「複雑な条件をからめた検索と、固有名詞の一発検索を同時に実現した対話型インタフェースは、このエージェントが初めてだろう」(友山氏)。

 エージェントに要件をうまく伝えられない場合は、有人オペレータがサービスを引き継ぐ仕組みになっている。それまでのエージェントとのやりとりが転送されるので、スムースに要件を伝えて解決することが可能だ。

有人オペレータへの引き継ぎ 有人オペレータへの引き継ぎ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 2つ目の特徴は、ビッグデータを用いた先読み情報配信である。従来のG-BOOKでは、他のG-BOOK利用車両の走行状況などをビッグデータとして蓄積し、それに基づく渋滞予測を用いて走行ルートを設定することができた。T-Connectは、これをさらに一歩進めたサービスを提供する。例えば、カーナビゲーションで設定した走行ルート上で渋滞が予測されると、エージェントがそのことを知らせ、渋滞を回避するルートの設定を勧めるのである。この他、目的地に到着するまでに燃料が不足する場合には給油を促したり、走行ルート上にあるスリップ多発地帯などを知らせたりする。友山氏は、「ビッグデータによって道路状況はある程度先読みできるようになった。この先読み情報をプッシュ配信するのも、当社が初になると考えている」と強調する。

先読み情報サービスの例 先読み情報サービスの例(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「エージェント」による音声対話サービスと先読み情報サービスの仕組み 「エージェント」による音声対話サービスと先読み情報サービスの仕組み(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.