ニュース
» 2014年06月24日 09時30分 UPDATE

FAニュース:日本モレックス、60.0Aの高電流を供給可能な直交ダイレクトパワー用コネクタを発表

電源カードを用いてラインカードに入出力30.0Aの電力を供給できる。スプリットブレード技術を用いることで、1モジュール当たりの供給電力は合計60.0Aに。直交バックプレーンコネクタが不要になる構造で、コスト低減につながるとしている。

[ITmedia]

 日本モレックスは2014年6月4日、60.0Aの高電流を供給可能な直交ダイレクトパワー用コネクタ「EXTreme OrthoPowerコネクタシステム」を発表した。ネットワークや通信用途におけるバックプレーン電源供給向けとなる。

 近年、システムのさらなる高速化やよりコスト効率の高いソリューションに対するニーズから、ラインカードへ電力を直接供給するダイレクトパワーが重要になりつつあるという。

 EXTreme OrthoPowerシステムは、電源カードを用いてラインカードに入出力30.0Aの電力を供給する。絶縁プラスチックによって電源コンタクト部を2つに分けるスプリットブレード技術を用いることで、1モジュール当たりの供給電力は合計60.0Aになる。

 業界初とうたうダイレクトパワー直交構造を採用したことで、直交バックプレーンコネクタが不要に。電源配線に必要な部品点数を減らすことができて、コスト低減につながるとしている。

photo EXTreme OrthoPower直交ダイレクトパワー用コネクタシステム

関連キーワード

電力 | モレックス | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.