ニュース
» 2014年07月01日 13時25分 UPDATE

ついに日本でもお目見え:ヤマハ発動機が三輪バイク「トリシティ」を2014年9月に発売、価格は33万円

ヤマハ発動機は、前2輪/後1輪の三輪バイク「TRICITY(トリシティ)」を2014年9月10日に国内発売すると発表した。国内での正式名称は、排気量125ccのエンジンを搭載することから「TRICITY MW125」となった。

[MONOist]
LMW機構の構成

 ヤマハ発動機は2014年7月1日、前2輪/後1輪の三輪バイク「TRICITY(トリシティ)」を同年9月10日に国内発売すると発表した。国内での正式名称は、排気量125ccのエンジンを搭載することから「TRICITY MW125」となった。税抜き価格は33万円で、年間の販売計画台数は7000台。

 トリシティは、同社が推進するLMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾製品。LMWとは、二輪車のように傾斜して旋回する3輪以上の車両のことで、二輪車と同様の操作性を実現しながら、新たなコミューター市場の創造を目指す「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基に開発された。既に、トリシティの生産工場があるタイ市場で2014年4月から導入されている(関連記事:ヤマハ発動機が前2輪/後1輪の三輪バイク「トリシティ」をタイで発売、LMW第1弾)。2014年中に日本でも販売するとしていたが、これまで発売時期は公表されていなかった。

sp_140701yamahamotor_01.jpgsp_140701yamahamotor_02.jpgsp_140701yamahamotor_03.jpg 「TRICITY MW125」の外観。ボディカラーは、左から「ブラック」、「ホワイト」、「マットレッド」の3色で展開する(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機
LMW機構の構成 LMW機構の構成(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

 トリシティの最大の特徴であるLMW機構は、「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」から成る。リーン(傾斜)させる機能と、左右サスペンション機能を独立させながら、余裕のあるバンク角とハンドルの切れ角を実現できる。また、左右独立のサスペンションは、荒れた路面に対する高いギャップ吸収性能があり、乗り心地に貢献するという。

 TRICITY MW125の外形寸法は全長1905×全幅735×全高1215mmで、シート高さは780mm。車両重量は152kg。カタログ燃費は、2人乗車時に時速60kmで走行した際の定地燃費値が35.8km/l(リットル)で、WMTCモード値が38.8km/lとなっている。

「TRICITY MW125」の搭載機能図 「TRICITY MW125」の搭載機能図(クリックで拡大) 出典:ヤマハ発動機

関連キーワード

ヤマハ発動機 | バイク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.