ニュース
» 2014年07月07日 10時00分 UPDATE

工場ニュース:日本電気硝子、マレーシアの高機能樹脂強化用ガラスファイバーの生産能力を増強

約200億円を設備投資し、2015年4月よりチョップドストランドの生産能力を従来比約30%増加する。

[MONOist]

 日本電気硝子は2014年6月18日、マレーシアの子会社Nippon Electric Glass(Malaysia)における高機能樹脂強化用ガラスファイバーの生産能力を増強すると発表した。同子会社内に製造設備を増設し、2015年4月より生産を開始する。

 自動車業界では昨今、環境性能の向上を目的とした軽量化や低燃費化、ハイブリッド化が進展し、金属の自動車部品からそれよりも軽いガラスファイバーで強化された樹脂製部品への置き換えが進んでいる。今回の生産能力増強は、こうした世界的なガラスファイバーの需要拡大に対応したもの。

 同社では約200億円を設備投資し、高機能樹脂強化用ガラスファイバーのチョップドストランドを製造する設備を増設する。これにより、チョップドストランドの生産能力は従来比約30%増加する見込みだ。

photo

 また今回の生産能力増強を機に、同社ではガラスファイバー事業をさらに拡大していくと表明している。

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

グラスファイバー | FA | 工場 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.