ニュース
» 2014年07月07日 15時40分 UPDATE

安全システム:ダイムラーが商用車向け自動運転技術「Highway Pilot」を開発、2025年に導入へ

Daimler(ダイムラー)は、商用車向けの自動運転技術「Highway Pilot」を搭載する試作車「Mercedes-Benz Future Truck 2025」を公開した。Highway Pilotという名称の通り、高速道路を走行する際にドライバーに掛かる負荷を減らすための自動運転技術で、2025年までに実用化を目指す。

[MONOist]
自動運転トラックの試作車「Mercedes-Benz Future Truck 2025」

 Daimler(ダイムラー)は2014年7月3日(欧州時間)、商用車向けの自動運転技術「Highway Pilot」を搭載する試作車「Mercedes-Benz Future Truck 2025」を公開した。Highway Pilotという名称の通り、高速道路を走行する際にドライバーに掛かる負荷を減らすための自動運転技術となっている。同社は2025年までにHighway Pilotの実用化を目指す方針だ。

 Highway Pilotは、車両前方と側方に設置された複数のレーダーとダッシュボード上に設置されたステレオカメラ、正確な3次元地図、車車間通信/路車間通信技術を組み合わせて実現している。Highway Pilotによって自動運転している間は、時速80kmで走行し、前方車両との車間距離も60mを維持できる。ただし、追い越しを行う場合はドライバーが手動で運転する必要がある。

sp_140707daimler_01.jpgsp_140707daimler_02.jpg アウトバーンA14号線で披露された自動運転トラックの試作車「Mercedes-Benz Future Truck 2025」。自動運転技術「Highway Pilot」を使って実際に走行するデモも披露された(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 試作車は、大型トラックの「Mercedes-Benz Actros」をベースに、各種センサーや自動運転のための制御システム、情報表示用のディスプレイメーター、タブレット端末などが搭載されている。

sp_140707daimler_03.jpgsp_140707daimler_04.jpg 自動運転中は、ドライバーはステアリングを握る必要がない。タブレット端末を使って、物流に関わるさまざまな業務を行うこともできる(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 車両前方のレーダーは、長距離と近距離を検知するセンサーから構成される。長距離用は距離250m/角度18度、短距離用は距離70m/角度130度の範囲の検知に対応している。これらのセンサーは、現時点でも、追従走行や自動ブレーキなどに用いられている。また、側方のレーダーは、距離60m/角度170度の範囲を検知可能である。

「Mercedes-Benz Future Truck 2025」に搭載されているセンサーと通信技術、それらの範囲が示されている 「Mercedes-Benz Future Truck 2025」に搭載されているセンサーと通信技術、それらの範囲が示されている(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

 ステレオカメラの検知範囲は、距離が100mmで、角度が水平方向45度/垂直方向27度となっている。道路の車線数や歩行者などの移動体、障害物、路面状況、信号、道路表示のなどさまざまなものを検知するのに用いられる。ステレオカメラによって得た情報が、自動運転を行う上で重要な役割を果たしているという。

 これらのセンサー情報を融合し、中央コンピュータの高性能マルチココアプロセッサで処理することで、車両の周囲の状況をリアルタイムで把握できるようになるので、自動運転が可能になるというわけだ。

 車車間通信と路車間通信には、5.9GHz帯を用いる無線LANベースの通信技術(802.11p)を用いる。車両の周囲500mまで通信が可能だが、その範囲内に通信可能な車両やインフラがない場合には3GやGPRSなどの携帯電話通信技術を使う。

「Mercedes-Benz Future Truck 2025」の車車間通信と路車間通信のイメージ 「Mercedes-Benz Future Truck 2025」の車車間通信と路車間通信のイメージ(クリックで拡大) 出典:ダイムラー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.