ニュース
» 2014年07月08日 17時55分 UPDATE

企業動向:ソフトバンク・テクノロジーがミラクル・リナックスを子会社化

ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは、技術提携、および新たなサービスや事業展開を視野に入れた資本提携に合意したことを発表した。個人株主が保有するミラクル・リナックスの既存株式の58%を、ソフトバンク・テクノロジーが取得し、ミラクル・リナックスを子会社化する。

[MONOist]
ミラクル・リナックス

 ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2014年7月8日、技術提携、および新たなサービスや事業展開を視野に入れた資本提携に合意したことを発表した。個人株主が保有するミラクル・リナックスの既存株式の58%を、ソフトバンク・テクノロジーが取得して、ミラクル・リナックスを子会社化する。株式取得実行日は2014年7月31日を予定する。

 今後、両社は、組み込み/デジタルサイネージ分野、クラウド分野、Linux/オープンソース(以下、OSS)分野において、それぞれが保有するOSSへの知見や技術を融合させ、顧客企業に対してOSSを活用した先進的なサービスを提供していく。「特に、今後需要拡大が見込まれるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)分野においては、ソフトバンク・テクノロジーの子会社であるサイバートラストが有する認証ソリューションとの組み合わせによって、先進的で付加価値の高いサービスが提供できるだろう」(同社)。

 ミラクル・リナックスは、OSS技術を軸としたクラウド関連事業、デジタルサイネージを含む組み込みLinux関連事業などを展開。IoT/M2M(Machine to Machine)市場において、デバイスのインテリジェント化がより一層進み、さらなる需要拡大を見込んでいる。また今後は、車載インフォテイメント(IVI:In-Vehicle Infotainment)分野にも注力する方針を掲げる。

 一方、ソフトバンク・テクノロジーは、JavaやPerl、Rubyといったプログラム開発言語や、統計解析向けのR言語、さらにはデータ分散処理のHadoopなど、OSSを活用したソリューション開発を積極的に展開し、多くの実績やノウハウを蓄積している。

 今回の提携により、両社のOSS技術力を結集し、日本企業のユーザーニーズに応えられる製品・サービス提供の加速を図る。これにより、日本のOSSビジネスをリードし、日本の産業の発展に貢献したい考えだ。

 以下、今後の注力分野について列挙する。

  • 組み込み/デジタルサイネージ分野
    −ソフトバンク・テクノロジーのグループ会社のノウハウを集結させた、IoT/M2M市場に向けたトータルソリューションの提供(セキュリティ、OS、ミドルウェア/アプリケーション、Webサービス、データ分析、フォントなどのソリューション)
    −IVIメーカーへ向けた、顧客アプローチの拡大
  • クラウド分野
    −エンタープライズ向け統合運用管理ソリューションのノウハウをミラクル・リナックス製品(MIRACLE ZBX/Hatohol)へ取り込み、統合運用管理に向けたOSSエコシステムの構築
  • Linux/OSS分野
    −ミラクル・リナックスが持つLinux/OSSの技術をソフトバンク・テクノロジーのソリューションと組み合わせ、応用技術範囲を拡充

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.