ニュース
» 2014年07月09日 10時30分 UPDATE

FAニュース:パナソニック、植物工場などでのLED照明の耐久性を高める樹脂成形材料を開発

光反射板に使用されるプラスチック製のシートおよびフィルム用材料で、耐久性(耐UV、高温高湿、耐薬品性)に優れ、屋外の看板や店舗照明、植物工場など、過酷な環境下に設置されるLED照明向けとなっている。シートやフィルム化も容易。

[MONOist]

 パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は2014年6月12日、LED照明の高輝度化・長期使用につながる光反射性ポリプロピレン樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト)PP」を開発したと発表した。同年6月からサンプル対応を開始する。

 LED照明には現在、光効率を上げるための反射板に金属やPET系の樹脂が多く使用されているが、設置環境の多様化により、さらなる耐久性と軽量化が求められてきた。

 今回開発されたのは、光反射板に使用されるプラスチック製シートおよびフィルム用ポリプロピレン樹脂成形材料だ。耐久性(耐UV、高温高湿、耐薬品性)に優れ、屋外の看板や店舗照明、植物工場など、過酷な環境下に設置されるLED照明向けとなっている。また、車載(室内灯)、デジタルサイネージ、プロジェクタースクリーンなどにも用いることができる。

 同社独自の熱可塑性樹脂の高分散技術によって、120℃・2000時間の高温・UV環境下でも94%以上の光反射率となっている。光反射率80%のPET系樹脂に比べ、高い光反射率を長期間維持することができる。

 また、光反射シートやフィルムの加工性に優れ、真空成形厚み100〜400μmのフィルム形成、厚み500μm以上のシート成形に適している。加工されたシートは、異形押出加工や深絞り真空成形などの2次成形も可能で、複雑な設計にも対応している。

photo

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


エレクトロニクスとITは農業をどう変えるのか――「植物工場/スマートアグリ」コーナーへ

「植物工場/スマートアグリ」コーナー

新たな農業の形とは?

植物工場、ハイテク施設園芸……。製造業のノウハウを活用し、農業が新しく生まれ変わろうとしている。新たな農業のカタチはどう変化していくのでしょうか。

植物工場/スマートアグリ」特集では、エレクトロニクスやITを活用した新たな農業の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


関連キーワード

工場 | 照明 | LED | 植物工場 | LED照明 | FA | 野菜 | 製造業 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.