ニュース
» 2014年07月10日 16時26分 UPDATE

夏休みはデジタルモノづくり:3Dプリンタを使ったモノづくり体験ができる「サマーラボ2014」開催

LITALICOは、最新のデジタルツールを活用したモノづくりが学べる専門塾「Qremo(クレモ)」で、子ども向けの夏休み特別企画「サマーラボ2014」を開催すると発表した。実施期間は2014年7月19日〜8月31日まで。

[MONOist]
サマーラボ2014

 LITALICOは2014年7月10日、最新のデジタルツールを活用したモノづくりが学べる専門塾「Qremo(クレモ)」で、子ども向けの夏休み特別企画「サマーラボ2014」を開催すると発表した。実施期間は同年7月19日〜8月31日まで。対象年齢は受講内容により異なるが、未就学児から高校生までを対象にした各種講座が用意されている。

 Qremoは、最新のITツールを用いて、遊びながらモノづくりを学び、創造性を引き出すことを目的とした専門塾である。今回のサマーラボ2014では、Qremoの通塾生ではない子どもでも、デジタルツールを活用したモノづくりの楽しさを気軽に体験できる他、3Dプリンタやレーザーカッターなどの最新ツールを用いながら自由研究に取り組むことができる。

サマーラボ2014 サマーラボ2014では、デジタルツールを活用したモノづくりの楽しさを気軽に体験できる各種講座が用意されている

 具体的には、3Dデータの制作/出力や電子工作などを行う「工作&自由研究コース」、Scratchを使ったゲーム開発やロボットのプログラミングが学べる「ゲーム&アプリ・ロボット制作コース」、Webサイト制作やレーザーカッターによるモノづくりが体験できる「グラフィックス・Webデザインコース」の3つがあり、各コースにさまざまな講座が用意されている。いずれの講座も1回から参加できる他、複数回受講することで、夏休みの思い出に残る大作の制作にも挑戦できるという。

 なお、授業料(税抜き)は1回5000円で、3回以降は割引きが適用され、5回の場合だと2万円となる。6回以上受講する場合は追加1回につき4000円が必要。参加方法は事前予約制で、専用サイトから資料請求や問い合わせが行える。

夏休みの自由研究に デジタルモノづくりを体験しながら夏休みの自由研究に取り組める

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

ものづくり | ラボ | 夏休み | 自由研究 | 3D | 3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.