ニュース
» 2014年07月10日 18時30分 UPDATE

3Dプリンタニュース:業務用途でも使えるパーソナル3Dプリンタ「MF-2000」の出荷開始

MUTOHホールディングス傘下のムトーエンジニアリングは、自社開発のパーソナル3Dプリンタ「MF-1000」の上位機種として、最大造形サイズ300×300×300mmを実現した「MF-2000」の出荷開始を発表した。

[MONOist]
MF-2000

 MUTOHホールディングス傘下のムトーエンジニアリングは2014年7月9日、自社開発のパーソナル3Dプリンタ「MF-1000」の上位機種として、最大造形サイズ300×300×300mmを実現した「MF-2000」の出荷開始を発表した。税抜き販売価格は45万円。

 MF-2000は、同年1月より販売しているMF-1000の利用者からの意見・要望を反映して、同年4月の発表時点の仕様を一部見直し、改良が施されている。

 主な改良点としては、

  1. ヘッドの高さ調整がつまみを回す簡単な方法でできるようになった
  2. USBコネクタを外れにくくした
  3. SDカードスロットを抜き差ししやすくした
  4. 安全対策として、プリンタ下部に指が入らないようにした
  5. 標準フィラメント径を3mmから1.75mmに変更した
  6. LEDを2灯に増やして造形物を確認しやすくした

などが挙げられる。

「MF-2000」 パーソナル3Dプリンタ「MF-2000」 ※画像クリックで拡大表示

 MF-2000は、熱溶融積層(FDM)方式のパーソナル3Dプリンタ。ヘッド数は2個(デュアル)で、積層ピッチは0.1〜0.5mm。フィラメントは、ABS樹脂とPLA樹脂をサポートする。

 最大造形サイズについても、MF-1000では200×200×170mmだったのに対し、MF-2000では300×300×300mmを実現。これまで出力できなかったサイズの部品や模型などの造形が可能になった。「パーソナルと銘打っているが、設計・開発部門での使用に耐え得るものに仕上がっている」(同社)という。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.