ニュース
» 2014年07月11日 14時27分 UPDATE

ソフトバンクの「Pepper」と同じOSを搭載:アルデバラン、ヒューマノイドロボットの最新モデル「NAO EVOLUTION」販売

ソフトバンク子会社の仏Aldebaran Robotics(アルデバラン・ロボティックス)は、ヒューマノイドロボット「NAO(ナオ)」の第5世代モデル「NAO EVOLUTION」の販売を開始した。

[MONOist]
NAO EVOLUTION

 ソフトバンク子会社の仏Aldebaran Robotics(アルデバラン・ロボティックス)は2014年7月11日、ヒューマノイドロボット「NAO(ナオ)」の第5世代モデル「NAO EVOLUTION」の販売を開始した。販売価格は100万円程度だという。

 NAOは、研究や教育目的で利用されており、世界約70カ国、7000体以上が導入されている。


NAO EVOLUTION 第5世代目となる「NAO EVOLUTION」。マザーボードに搭載されているCPUはインテルのAtom Z530(1.6GHz)である ※クリックで拡大表示

 最新のNAO EVOLUTIONは、身長58cm、重さ5.4kgの小型ヒューマノイドロボット。25の関節自由度を持ち、HDカメラや指向性マイク、3軸ジャイロ/加速度センサー、Wi-Fi機能などを搭載する。また、頭や手などにはタッチセンサーを備えている。

 従来機からおよそ70項目もの機能改善がなされており、人やモノの認識率や距離推定の精度などが向上。より自由な音声対話が可能になり、これまで以上に複雑な処理を行わせることが可能となった。

 ソフトバンクと共同開発した感情認識が可能な等身大ロボット「Pepper(ペッパー)」にも採用されているロボットOSの最新版「Naoqi 2.0」を搭載し、対話エンジン、感情認識エンジン、自律的機能などがシステムに組み込まれている。音声認識にはクラウド音声認識エンジンが用いられており、日本語の音声合成にはエーアイの高品質音声合成エンジン「AITalk」が用いられている。


 従来機からの主な改善点は、物体や人の顔を検知・認識するための新たなアルゴリズムの採用、4つの独立した指向性マイクによる音源把握(音の聞き分け)の改善、物体の検知・距離推定のための新しいソナーテレメーターの採用、バッテリーの強化による稼働時間の向上などが挙げられる。また、ハードウェア面では、強度向上を目的に首・腰・足・足首にあるギアを金属部品に変更、静かな歩行・安定歩行を実現するための足裏部の強化、しっかりとモノをつかめるよう指部分のワイヤー強化などがなされている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.