ニュース
» 2014年07月14日 17時20分 UPDATE

安全システム:デンソーが自動運転の公道試験を開始、愛知県の交通事故抑止プロジェクトで

デンソーは2014年6月下旬から、高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験を、愛知県の南知多道路で開始した。安全運転の支援とドライバーの運転負荷軽減を目的にしており、単一レーン内の自動運転や自動レーンチェンジなどを実施するという。

[MONOist]
公道走行試験の様子 公道走行試験の様子

 デンソーは2014年7月14日、同年6月下旬から高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験を、愛知県の南知多道路で開始したと発表した。安全運転の支援とドライバーの運転負荷軽減を目的にしており、単一レーン内の自動運転や自動レーンチェンジなどを実施するという。

 同社はこれまで、テストコースを使って高度運転支援技術の開発を行ってきた。今回の公道走行試験により「テストコースでは得ることができない課題を抽出/分析/解決し、技術の確立を目指す」(デンソー)としている。

南知多道路における高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験の内容 南知多道路における高度運転支援技術の開発に向けた公道走行試験の内容。上側が単一レーン内の自動走行で、下側が自動レーンチェンジである(クリックで拡大) 出典:デンソー

 なお同試験は、愛知県内の企業・団体が参加して実施している交通事故抑止に関するプロジェクトチーム「自動車安全技術プロジェクトチーム」の活動の一環として実施される。デンソー以外では、トヨタ自動車、三菱自動車、アイシン精機、アドヴィックス、オムロンオートモーティブエレクトロニクス、愛知県立大学、名古屋大学などが参加している。

公道走行試験の様子 公道走行試験の様子。先頭の車両が試験車(クリックで拡大) 出典:デンソー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.