ニュース
» 2014年07月15日 18時00分 UPDATE

工場ニュース:電気化学工業が中国に高速鉄道向け高信頼性放熱プレートの新工場を建設

電気化学工業は、中国遼寧省大連市に新会社を設立し、高速鉄道向けパワーモジュール用高信頼性放熱プレートの製造工場を建設することを決めた。

[MONOist]

 電気化学工業は2014年7月14日、中国遼寧省大連市に新会社を設立し、高速鉄道向けパワーモジュール用高信頼性放熱プレート「アルシンク」の製造工場を建設することを決めた。

 アルシンクは、電鉄車両のモーターをコントロールするインバーターのパワーモジュールとして使われる放熱プレート。放熱プレートには、従来は銅が素材として使われる場合が多かったが、同社ではアルミと炭化ケイ素を複合させたMMC(金属複合材料)を使用するアルシンクを開発し、2002年から販売を開始している。銅素材に比べて軽量で長期の冷熱サイクル特性が高いことから、高性能放熱プレートとして世界各国の鉄道車両に利用されている。中国でも、中国北車、中国南車などの大手車両メーカーとの取引拡大が今後期待できることから、今回の新会社および新工場の建設を決めた。

 新会社の名称は電化電子材料(大連)で、投資額は約10億円。量産出荷は2015年末を予定しており、人員体制は2015年で約40人を計画している。新工場での増産分も加え、2018年3月期(2017年度)にはアルシンクの売上高40億円を目指すとしている。


FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。



海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。


関連キーワード

中国 | 新会社 | 工場 | FA | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.