ニュース
» 2014年07月16日 07時30分 UPDATE

FAニュース:ヤンマーエネルギーシステム、60Hz地区向け800kWガスコージェネシステムを発売

従来製品の6気筒エンジンをベースに開発した12気筒エンジンを装備。燃焼方法を工夫することで、排出NOX濃度200ppm(酸素0%換算値)以下となっており、脱硝装置が不要。既設建物に搬入しやすくするため、発電装置ユニット部を3分割できる「オープンタイプ」もある。

[MONOist]

 ヤンマーエネルギーシステムは2014年7月1日、60Hz地区向け800kWガスエンジンコージェネレーション(熱電併給)システム「EP800G」を発売した。

 EP800Gは、2003年発売の350kWガスエンジンコージェネレーションシステム「EP350G」の制御技術などを高度化し、800kWクラスではトップレベルの発電効率41.2%(LHV)を可能にした。燃焼方法を工夫することで、排出NOX濃度200ppm(酸素0%換算値)以下とし、脱硝装置を不要とする(一部地域を除く)。

 また、EP350Gに搭載の6気筒エンジンをベースに開発した12気筒エンジンを装備。設置面積は、既存の400kWガスエンジンコージェネレーションシステム「EP400G」2台分より小さく、設置性も向上している。また既設建物への搬入がしやすいよう、発電装置ユニット部を3分割できる「オープンタイプ」もある。

 さらにオプションとして、事業継続計画(BCP)で重要となる自立運転機能や停電時起動(BOS)機能も追加でき、突然の停電でも確実に給電できる。

photo 外観写真(屋外パッケージタイプ)
photo 発電装置ユニット部の3分割(オープンタイプ)

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.