ニュース
» 2014年07月16日 11時00分 UPDATE

製造IT導入事例:KYB、グローバル部品表管理システムの再構築にオラクルのPLMツールを採用

自動車向け油圧緩衝器の部品表管理システムに、グローバル視点で製品ライフサイクル全般の業務プロセスを一元的に管理する「Oracle Agile Product Lifecycle Management」を採用した。

[MONOist]

 日本オラクルは2014年7月10日、KYBが新グローバル部品表管理のシステムとして「Oracle Agile Product Lifecycle Management(以下、Oracle AgilePLM)」を採用したと発表した。

 KYBは、自動車や二輪車、建設機械、鉄道、航空機、特装車両、免制震装置、船舶等の分野向けに、油圧緩衝器、油圧機器、システム製品を製造・販売している。今回、主力事業である自動車向け油圧緩衝器の部品表管理システムの再構築に当たり、オラクルのOracle Agile PLMを採用した。

 Oracle Agile PLMは、グローバル視点で製品ライフサイクル全般の業務プロセスを一元的に管理するもの。部品表から設計プロセス、製品コスト、機種別採算までが管理できる拡張性と、他のシステムとの連携や業務変更にも対応できる柔軟な設定機能が特長となっている。また、設定だけで表示項目の追加変更が可能なシンプルな画面構成で、操作性にも優れている。

 新システムでは、製品・部品の構成情報や関連情報を関係者間で共有し、それらをグローバルで包括的に管理。これにより、設計・開発担当者だけでなく、企画・製造・生産・調達など、製品ライフサイクルに関わる関係者も製品や関連情報を迅速に共有・活用できる。

 KYBでは新システムの導入により、世界5カ所にあるKYBの自動車関連事業の設計・開発拠点において、安定かつ一貫したサービスとグローバル・サポート対応ができるとしている。



世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.