ニュース
» 2014年07月16日 14時11分 UPDATE

組み込みニュース:小型コンピュータ「Raspberry Pi」にUSB端子増の新型、省電力化も実現

ARMプロセッサ搭載の小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に、新型「Raspberry Pi B+」が登場した。「Model B」をベースにUSBポートを増加、省電力化も果たした。

[MONOist]
photo

 小型コンピュータ「Raspberry Pi」に新型、「Raspberry Pi B+」が登場した。

 Raspberry Pi Foundationの公式ブログが2014年7月14日(英国時間)明らかにしもので、既に販売も開始されており、elements 14 COMMUNITYでの販売価格は24.35ポンド(税別)。国内ではRSコンポーネンツから、7月16日より販売開始される。価格は3940円(税別)。

photo 「Raspberry Pi B+」(クリックで拡大) 出典:Raspberry Pi Foundation 公式ブログ

 新製品はアプリケーションプロセッサとして「ARM1176JZ-F」を搭載するBroadcomのSoC「BCM2835」と512MバイトのRAMを搭載する「Raspberry Pi Model B」をベースとしたもので、USBポートが2基から4基に増加し、GPIOが26ピンから40ピンへ、SDカードスロットはMicroSDカードスロットへ変更されている。なお、GPIOについてはModel Bとの互換性を保っている。

 I/Oまわりの変更だけではなく低消費電力化も進められており、消費電力はModel Bの750mAから600mA(Model Aと同じ)に低減されている。

関連キーワード

Raspberry Pi | ARM | Broadcom | 新製品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.