ニュース
» 2014年07月17日 07時30分 UPDATE

FAニュース:アズビル、国内プラントの安定操業のための高機能発信器を発売

従来製品と比べ、約3倍の100ms以下の高速応答で、ガスタービン向けの圧力計測にも使用可能。計測機能の長期安定性にも優れ、メンテナンス周期を延長できる。

[MONOist]

 アズビルは2014年7月1日、国内プラントの安定操業のための高機能発信器「AT9000 SuperAce(スーパーエース)」を発売した。

 SuperAceは、日本独自の設置・配線方法や高圧ガス保安法に対応し、診断機能を持つ「Ace(エースプラス)」の後継機種。気体、液体、蒸気の流量、圧力、液位などの測定が可能で、測定差圧に対応した4〜20mA DCのアナログ信号を出力する。また、CommStaffやHARTコミュニケータとの双方向通信が可能で、自己診断、レンジ設定、自動ゼロ調整などが簡単にできる。

 最大の特長は、Aceの約3倍となる100ms以下の高速応答。Aceの応答速度では困難だったガスタービン向けの圧力計測にも使用できるようになった。

 さらに、ゼロ点シフトはAceの10倍となる0.1%/10年で、計測機器としての長期安定性にも優れている。これによりメンテナンス周期の延長ができ、設備やプラントの安定稼働が可能。設置後の校正作業を削減でき、コストダウンにもつながる。また、外形寸法や設置方法はAceと変更がなく、既設の更新時に追加の設置作業やコストも不要となっている。

photo AT9000 SuperAce

関連キーワード

FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.