ニュース
» 2014年07月18日 13時28分 UPDATE

3Dプリンタニュース:粉末積層造形と切削加工を組み合わせた「金属3Dプリンタ」、10月に販売開始

ソディックは、ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」の開発に成功し、2014年10月から販売を開始する。

[MONOist]
OPM250L

 ソディックは2014年7月16日、ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」の開発に成功し、同年10月から販売すると発表した。販売価格は6500万円(税別)から。同社 加賀事業所(石川県加賀市)で、年間60台以上の生産を計画している。

 同製品は、粉末金属にレーザー光をスキャンすることによって溶融凝固させる粉末積層造形と、回転工具を用いた高速ミーリングによる仕上げ加工(切削加工)までを連続して行うことができる、「業界初」(同社)のワンストップソリューションである。同製品をプラスチック成型品の金型製造に適応した場合、金型内部への3次元冷却配管や幅の狭い深リブを配置することが可能となり、従来加工できなかったような複雑な金型作りが行えるという。

ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」 ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」 ※画像クリックで拡大表示

 同製品の実現には、同社および同社グループの要素技術やノウハウが活用されており、例えば、ミーリング加工軸に同社製リニアモータを採用したり、実績のある切削機構を採用したりしている。また、グループ会社のOPMラボラトリーの配管設計支援用CADや樹脂温度分布のシミュレートを行うCAEソフトウェアなどを活用できる。

 最大造形サイズは250×250×250mmで、最大積載質量は100kg。レーザーの最大出力は500W(Ybファイバーレーザー)である。周辺機器を含めない装置の外形寸法は1870×2200×2055mmで、重さは4500kg。

 同年10月30日〜11月4日の期間、東京ビッグサイトで開催される「第27回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)」への出展が予定されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.