ニュース
» 2014年07月21日 10時00分 UPDATE

製造IT導入事例:日立産業制御ソリューションズ、図研のPDM「DS-2 Expresso」を3カ月で導入

DS-2 Expressoは、部品情報や部品表、成果物などで管理される各属性項目を最適な形にプリセットして提供。システム機能の動作定義についても各種テンプレートを豊富に用意しているため、3カ月という短期間での導入が可能になったとしている。

[MONOist]

 図研は2014年7月15日、電気設計管理情報システム(PDM)「DS-2 Expresso」を、日立産業制御ソリューションズに、構築から運用開始まで3カ月で納入したと明らかにした。

 通常、PDMシステムを構築・導入するまで、6カ月から1年かかるという。DS-2 Expressoは、部品情報や部品表、成果物などで管理される各属性項目を最適な形にプリセットして提供。システム機能の動作定義についても各種テンプレートを豊富に用意しているため、導入時にカスタマイズする手間を大幅に削減できる。こうした特長によって、3カ月という短期間での導入が可能になったとしている。

 図研はDS−2 Expressoをはじめ、最新の電気設計環境について、東京ビッグサイトで同年7月23〜25日に開催の「TECHNO−FRONTIER 2014」で展示する予定だとしている。

TECHNO-FRONTIER 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.