ニュース
» 2014年07月22日 15時15分 UPDATE

車両デザイン:新型「コペン」は発売後1カ月で4000台を受注、「若い世代から好評」

ダイハツ工業は2014年6月19日に発売した新型コペンの受注状況を発表した。発売から1カ月となる同年7月18日までの受注台数は約4000台。これは、月間販売目標台数である700台の約6倍に当たる数字である。

[MONOist]
新型「コペン」は発売後1カ月で4000台を受注、「若い世代から好評」

 ダイハツ工業は2014年7月22日、同年6月19日に発売した新型コペンの受注状況を発表した。発売から1カ月となる7月18日までの受注台数は約4000台となった。これは、月間販売目標台数である700台の約6倍に当たる数字である。

 新型コペンは、軽スポーツカーとしての走行性能を実現する新骨格構造「D-Frame」や、樹脂外板をスマートフォンカバーのように着せかえられる「DRESS-FORMATION」を採用するなどして注目を集めている(関連記事:新型「コペン」、成功の鍵は「自分らしさの表現」にあり)。

 既に受注している約4000台の構成は以下の通り。トランスミッション別では、CVT(無段変速機)モデルが70%、MT(手動変速機)モデルが30%。顧客の男女比率は、男性が80%、女性が20%。年齢層別では、20歳代以下が10%、30歳代が20%、40歳代が20%、50歳代が25%、60歳代以上が25%となっている。つまり、40歳未満が30%、50歳未満が50%を占めたことになる。同社は、「『感動の走行性能』と『自分らしさの表現』という新たな価値を提供できるクルマとして、若い世代の顧客からも多くの支持を得ている」としている。

関連キーワード

ダイハツ工業 | スポーツカー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.