ニュース
» 2014年07月24日 07時30分 UPDATE

製造ITニュース:インフォア、自動車業界向けのEDIシステムを発表

インフォアの発表した「Infor Automotive Exchange」は、「Infor Syteline」と連携して使用することで、内示・確定・納入指示・出荷ラベリング情報を顧客との間で共有できる。

[MONOist]

 米インフォアは2014年6月9日(現地時間)、自動車業界の部品業者向けEDI(Electronic Data Interchange)と、リリース・アカウンティングソリューション「Infor Automotive Exchange」を発表した。

 Infor Automotive Exchangeは、大量生産企業向けの「Infor Syteline」と連携させてメインのERPとして使用することにより、内示・確定・納入指示・出荷ラベリング情報をOEM顧客との間で共有できる。

 同製品スイートは、事前設定済ですぐに利用可能なTFS(Transformation Services)の各OEM顧客のEDIデータ変換マップと、SRM(Sales Release Management)による各OEM顧客のビジネスルールに応じた処理手順管理機能により、グローバルに展開する自動車業界で求められるEDI要件の多くをサポートしているという。

 Infor Automotive Exchangeには、新しく開発されたEDIアプリケーションが含まれている。X.12、EDIFACT、Odette、VDA、そして新しいXML標準を使用する世界全域の取引先をカバー。オンプレミスとSaaSのどちらの方式でも利用可能だ。

関連キーワード

Infor | EDI | 自動車 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.