ニュース
» 2014年07月24日 23時00分 UPDATE

FAニュース:オリエンタルモーター、「AZシリーズ」に4種のギヤードタイプを追加

複数の歯車で構成される機械式センサーを採用。個々の歯車の角度を認識して位置情報を検出することで、バッテリーを不要にした。産業ロボットや液晶、半導体製造装置、自動車製造設備、工作機械、物流搬送などの用途を想定している。

[MONOist]

 オリエンタルモーターは2014年6月24日、クローズドループステッピングモーターユニットαSTEPアブソリュートセンサー搭載「AZシリーズ」に4種類のギヤードタイプを追加したと発表した。

 AZシリーズはバッテリー不要でアブソリュート方式の位置決めが可能。平歯車機構で低価格の「TSギヤードタイプ」、太陽歯車中心に遊星歯車機構でTSギヤードタイプより高トルクの「PSギヤードタイプ」、ハーモニックプラネタリ遊星ギヤを採用してノンバックラッシの「HPGギヤードタイプ」、ハーモニックギヤを採用しノンバックラッシで高トルクの「ハーモニックギヤードタイプ」の4種類をそろえている。

photo 後列左より、パルス列入力タイプ、位置決め機能内蔵タイプのドライバ。前列左より、TSギヤードタイプ、PSギヤードタイプ、HPGギヤードタイプ、ハーモニックギヤードタイプのモーター

 複数の歯車で構成される機械式センサーを採用。個々の歯車の角度を認識して位置情報を検出することで、バッテリーを不要にした。従来のアブソリュートセンサーはバッテリーを使用して位置情報をバックアップする方法が一般的だが、バッテリー保守によるメンテナンスコストの上昇と、輸送や破棄、リサイクルなどの取り扱い上の問題があった。AZシリーズはそうした問題を解決する製品だとうたっている。

 産業ロボットや液晶、半導体製造装置、自動車製造設備、工作機械、物流搬送などの用途を想定。5年後には月間5000台の販売を目指している。

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.