ニュース
» 2014年07月25日 07時30分 UPDATE

FAニュース:日立製作所の制御用コントローラ、ISASecure EDSA認証を取得

各種プラント設備・機器の制御用コントローラの最新モデルが、制御機器のセキュリティ認証で事実上の国際スタンダードとされるISCIの認証を取得。リスクが高まりつつあるサイバー攻撃に対して、セキュリティレベルの要件を満たしていることが認証された。

[MONOist]

 日立製作所は2014年7月15日、制御用コントローラ「HISEC 04/R900E」が、国際的な制御機器向けセキュリティ認証の「ISASecure EDSA認証」を取得したと発表した。

 HISEC 04/R900Eは、各種プラント設備・機器の運転制御のために高速演算をする制御用コントローラの最新モデル。プラント向け制御システムに組み込まれている。

 近年、こうした産業インフラを支える制御システムは、情報通信システムとの接続・連携が進むにつれて、サイバー攻撃のリスクが高まっているという。そのため、特に産業・電力分野では、国際的なセキュリティ認証を取得した制御機器が必要とされている。

photo 制御用コントローラ「HISEC 04/R900E」

 今回、同社が取得したISASecure EDSA認証は、ISA(国際計測制御学会)のメンバーが中心となって設立された国際認証組織・ISCIによるもの。認証プログラムでは、セキュリティレベルごとに「通信に関する堅牢性試験」「セキュリティ機能の実装評価」「ソフトウェア開発のプロセスにおけるセキュリティ評価」の評価項目が定義されている。

 制御機器のセキュリティ認証で事実上の国際スタンダードとされる認証を取得したことで、HISEC 04/R900Eはサイバー攻撃に対する国際的なセキュリティレベルを満たしていると認められた。今回の認証取得を機に同社では、今後、セキュリティレベルの高い制御機器・システムの開発とグローバルな事業展開を図るとしている。

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け