ニュース
» 2014年07月25日 12時15分 UPDATE

車両デザイン:スバル「WRX S4」は「EyeSight(ver.3)」を搭載、エンジンは「BLUE BOXER」

富士重工業が2014年8月25日に発売予定の新型スポーツセダン「WRX S4」は、運転支援システム「EyeSight(ver.3)」と、独自の水平対向直噴ターボエンジン「BLUE BOXER」を搭載する。

[MONOist]
「WRX S4」のシルエット

 富士重工業は2014年7月25日、同年8月25日に発売予定の新型スポーツセダンの車両名称が「WRX S4」であると発表した。発売までに先行情報を公開するWebサイトも公開した。

 WRX S4は、「スバル最高峰のAWDスポーツパフォーマンス」、運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を含めた「独自の総合安全性能」、「優れた環境性能」、「洗練された質感」という4つの価値を実現したスポーツセダンだという。車両名称のS4には、これら4つの価値を表す「Sports performance」、「Safety performance」、「Smart driving」、「Sophisticated feel」の意味が込められている。

 EyeSight(ver.3)を搭載するのは、2014年6月20日発売の「レヴォーグ」に次いで2車種目となる。また「優れた環境性能」を実現するエンジンとして「BLUE BOXER」を搭載することも明らかになった。BLUE BOXERというブランド名は、レヴォーグの水平対向直噴ターボエンジンにも用いられている。

「WRX S4」のシルエット 「WRX S4」のシルエット 出典:富士重工業

 同社の車両で「WRX」と言えば、「インプレッサ」から派生したスポーツモデルの「WRX STI」が挙げられる。新型WRX STIは、2014年1月の「デトロイトモーターショー2014」で初披露された後、既に北米と欧州で発売中。国内でも既に従来モデルの生産を終了しており、WRX S4とともに新型WRX STIの国内仕様モデルが投入されるとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.