ニュース
» 2014年07月31日 10時30分 UPDATE

FAニュース:シーメンス、堅固で低コストの産業用PCを販売開始

EMCノイズ対応、換気構造に加え、防塵フィルターも搭載。24時間運転を可能とする環境性能を備え、生産現場でオフィスPCを使用していたユーザーにも導入しやすい産業用PCとなっている。日本語を含むグローバルサポートの他、中国CCCを除く各種産業用企画にも対応する。

[MONOist]

 シーメンス・ジャパンは2014年7月10日、産業用として必要になる信頼性と拡張性を持った、低コストのラック型産業用PC「Simatic IPC347D」(19インチ4U)の販売を開始すると発表した。

 Simatic IPC347Dは、EMCノイズ対応、換気構造に加え、防塵フィルターも搭載。24時間運転を可能とする振動・衝撃・温度などの環境性能を備えている。また、日本語を含むグローバルサポートも提供し、これまで生産現場でオフィスPCを使用していたユーザーにも導入しやすい、低コストで堅固な産業用PCとなっている。

 さらに、中国CCCを除く各種産業用規格(ヨーロッパCE、韓国KC、アメリカ・カナダcULus、オセアニアC-Tick、NK船級、ロイド船級など)に対応。世界各国で、スペアパーツの提供や修理サービスが受けられる。

 CPUはIntel Pentium G2010またはIntel Core i5-3340Sを搭載し、メモリは2GBまたは4GB(拡張最大16GB)となっている。ストレージは500GB HDDで、OSはWindows7 Ultimate 64bitまたはOSなしが選択できる。また、PCI/PCIExpress拡張スロットを計7つ搭載。耐食性フルメタルの筐体で、サイズは幅481mm×高さ117mm×奥行509mm、重量は最小13kg、最大17kgとなっている。

photo Simatic IPC347D

 価格は12万4000円(税別)から。受注後1カ月半で納品し、供給期間は約1年半。保守期間は供給終了から約2年間となる。

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

産業用PC | シーメンス | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.