ニュース
» 2014年07月31日 15時40分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ソニーとパナソニックの有機EL技術を結集、新会社「JOLED」設立へ

ソニー、パナソニック、ジャパンディスプレイ、産業革新機構が、有機ELディスプレイを開発する新会社「JOLED」を設立する。有機ELディスプレイ技術関連のリソースを一気に統合し、量産の加速と早期の事業化を目指す。

[EE Times Japan]

 ソニー、パナソニック、ジャパンディスプレイ、産業革新機構の4社は2014年7月31日、有機ELディスプレイの量産開発加速および早期事業化を目的として、新会社「JOLED(ジェイオーレッド)」を設立すると発表した。2015年1月の発足を目指す。出資比率は、産業革新機構が75%、ジャパンディスプレイが15%、ソニー、パナソニックがそれぞれ5%となる予定。さらに、開発に一定のめどが立った時点で、本格的な量産を見据えたパイロットライン構築のため、産業革新機構とジャパンディスプレイから追加出資を含めた支援を予定している。

tt130930CEATEC_P004.jpg 「CEATEC JAPAN 2013」で展示されたパナソニックの4K対応有機ELディスプレイ(クリックで拡大)

 ソニーやパナソニックが保有する有機ELディスプレイ関連技術や、ジャパンディスプレイが培ってきたディスプレイ技術を融合することで、有機ELディスプレイ分野をリードする存在になることを目指す。

 JOLEDは、軽量化と薄型化が求められるタブレット端末やノートPC、曲面性や視認性が要求されるサイネージなど、有機ELディスプレイの特長が生きる用途向けに製品開発を行っていく。将来的には、フレキシブルディスプレイ技術を活用し、新規製品市場も開拓していく方針だ。

経営陣には外部経営者を

 JOLEDの経営陣には、外部経営者を招へいする予定で、現在、産業革新機構で選定を進めている。これに加え、産業革新機構とジャパンディスプレイは、JOLEDに社外取締役を派遣する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.