ニュース
» 2014年07月31日 17時15分 UPDATE

販売店も魂動デザイン?:マツダが「新世代店舗」を発表、デザイン本部が監修

マツダは新しいコンセプトの販売店となる「新世代店舗」を発表。2014年7月31日に完成した東北マツダ 長町店(宮城県仙台市)、同年8月2日にオープン予定の神戸マツダ 灘店(兵庫県神戸市)、福島マツダ 太平寺店(福島県福島市)を皮切りに順次展開を広げる計画だ。

[MONOist]
マツダの「新世代店舗」のイメージ

 マツダは2014年7月31日、新しいコンセプトの販売店となる「新世代店舗」を発表した。同日完成した東北マツダ 長町店(宮城県仙台市)、同年8月2日にオープン予定の神戸マツダ 灘店(兵庫県神戸市)、福島マツダ 太平寺店(福島県福島市)を皮切りに順次展開を広げる計画だ。

 新世代店舗は、マツダのデザイン本部が監修した。店舗デザインで「マツダらしさ 心がときめく」、新車ショールームで「マツダのクルマの魅力が引き立つ」、店舗ゾーニングで「絆が強まる」という3つの提供価値を規定。店舗デザインコンセプトは、「品格あるたたずまい」、「惹きつける力」、「クルマを美しく魅せる」、「居心地のよいしつらえ」という4つのガイドラインに基づき、店づくりを行っているという。

 店舗の内外装はモノトーンとシルバーで配色し、黒を基調とした専用のファシリティサイン(ブランドシンボルや店名を記したもの)やウッドを用いたアクセントにより、品格/質の高さと温かみが調和された居心地の良い空間を実現。ショールームは、走行シーンをイメージさせる車両展示と商品の美しさを際立たせる照明やインテリア家具により、気持ちの良い走りやエモーショナルなデザインといったマツダ車の魅力を前面に引き出す演出になっているとしている。

sp_140731mazda_01.jpgsp_140731mazda_02.jpg 「新世代店舗」1号店となる東北マツダ 長町店の外観(左)とショールーム(クリックで拡大) 出典:マツダ

 マツダは2012年2月発売のSUV「CX-5」から、新世代技術「SKYACTIV」とデザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」を全面的に採用した新世代車両を順次投入している。その第4弾となる新型「デミオ」の2014年秋発売に向け、国内市場におけるマツダブランドの発信・体験拠点として新生代店舗を活用したい考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.