ニュース
» 2014年08月01日 14時00分 UPDATE

ETWest2014:イーソル、「OpenRTM-aist」と「ROS」のフレームワーク連携を参考展示

西日本唯一の組み込みシステム技術専門展示会「Embedded Technology West(ETWest)2014」が、グランフロント大阪(大阪府大阪市)で2014年7月29、30の両日に開催された。イーソルは、ロボット開発用のミドルウェア「OpenRTM-aist」と「ROS(robot operating system)」を連携させるデモ(参考展示)を行っていた。

[渡邊宏,MONOist]
photo

 西日本唯一の組み込みシステム技術専門展示会「Embedded Technology West(ETWest)2014」が、グランフロント大阪(大阪府大阪市)で2014年7月29、30の両日に開催された。イーソルのブースでは、ロボット開発用のミドルウェア「OpenRTM-aist」と「ROS(robot operating system)」を連携させるデモ(参考展示)を行っていた。

 OpenRTM-aistはロボットの「頭脳」に相当するさまざまな機能を共通部品化した知能ソフトウェアモジュール(RTコンポーネント)を開発するためのミドルウェア。一方のROSも同じくロボット開発および制御用のミドルウェアだが、OpenRTM-aistに比べるとハードウェア制御に強いという違いがある。

photo イーソルが行っていた、「OpenRTM-aist」と「ROS(robot operating system)」を連携させるデモ(参考展示)

 イーソルが展示していたOpenRTM-aistとROSの連携では、OpenRTM-aistのコンポーネントとROSのパッケージを相互連携させており、OpenRTM-aistのGUIツールであるRT System Editorで接続操作を行える。デモでは、ROSのフェイストラッキングパッケージをRT System Editor上で接続し、搭載カメラで人物を認識する小型ロボットを動かしていた。

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.