ニュース
» 2014年08月01日 12時30分 UPDATE

製造マネジメントニュース:三菱化学、山口大学とMOT総研の3者で植物工場に関する包括的連携協定を締結

三菱化学、山口大学、MOT総合研究所の3者が持つ技術基盤や事業開発のノウハウ・知見を融合させ、新たな栽培品目や栽培技術・設備技術などの研究・開発を実施する。

[MONOist]

 三菱化学は2014年7月22日、山口大学および同大学発ベンチャー企業のMOT総合研究所と、植物工場全般の共同研究開発について、包括的連携協定を締結したと発表した。

 三菱化学は、2010年1月より完全人工光型植物工場システムを販売している。植物の育成環境を最適な状態に制御することで、気候に関係なく年間を通して同品質の野菜が栽培できる。国内をはじめ、ロシア・香港などで高い評価を得ている。

 山口大学は、植物と光・養液との関係、栽培環境のモニタリングなど、植物工場に関わるさまざまな研究・開発を行っている。また、MOT総合研究所は、地域経済の発展や地域社会の形成を目的に、環境・エネルギー・食物・バイオなどの分野で事業開発を進めている。

 今回の連携協定により、3者が持つ技術基盤や事業開発のノウハウ・知見を融合させ、新たな栽培品目や栽培技術・設備技術などの研究・開発を実施する。さらに今後は、研究開発を通じて人材交流や人材育成も図るという。

エレクトロニクスとITは農業をどう変えるのか――「植物工場/スマートアグリ」コーナーへ

「植物工場/スマートアグリ」コーナー

新たな農業の形とは?

植物工場、ハイテク施設園芸……。製造業のノウハウを活用し、農業が新しく生まれ変わろうとしている。新たな農業のカタチはどう変化していくのでしょうか。

植物工場/スマートアグリ」特集では、エレクトロニクスやITを活用した新たな農業の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.