ニュース
» 2014年08月01日 17時42分 UPDATE

ロボット事業を加速:ソフトバンク、ロボット開発から販売までの新会社設立

ソフトバンクは2014年8月1日、家庭用ロボットの販売およびサービス提供を手掛ける新会社「ソフトバンクロボティクス」(東京都港区)を設立したと発表した。

[MONOist]
photo

 ソフトバンクは2014年8月1日、家庭用ロボットの販売およびサービス提供を手掛ける新会社「ソフトバンクロボティクス」(東京都港区)を設立したと発表した。

 新会社はソフトバンクモバイルからロボット事業を譲り受け、8月1日より事業を開始した。代表取締役社長は冨澤文秀氏が勤める。

 ソフトバンクモバイルは2014年6月に「世界初」(同社)をうたう感情を持ったパーソナルロボット『Pepper』を2015年2月より販売を開始すると発表しており(ソフトバンク、世界初となる“愛”を持ったパーソナルロボット「Pepper」発売へ)、新会社は「さまざまな企業と協力しながら、「Pepper」の開発をはじめとするロボット事業を一層推進していきます」としている。

photo 「Pepper」発表時、握手する孫社長

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.