ニュース
» 2014年08月05日 12時00分 UPDATE

オートモーティブ メルマガ 編集後記:コペンローカルベース鎌倉に行ってみた

由比ヶ浜で海水浴するなら寄ってみては。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年8月5日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


コペンローカルベース鎌倉に行ってみた

 ダイハツ工業が2014年6月18日に発売した軽オープンスポーツカーの新型「コペン」の販売が好調です。700台という月間販売目標台数に対して、発売から1カ月の受注台数は約4000台に達しています。

 2014年9月9〜30日に開催されるバーチャルイベント「ITmedia Virtual EXPO 2014 秋」の「メカ設計ゾーン」では、この新型コペンの開発責任者であるダイハツ工業 製品企画部 チーフエンジニアの藤下修氏が講演を行います。講演タイトルは『ダイハツ新型「コペン」、“変える”をキーワードとした新たな取り組み』です。

 通常、ITmedia Virtual EXPOの講演は、応接室などを使って撮影します。しかし、今回の藤下氏の講演については、新型コペンの“変える”を視聴者により感じてもらえないかと考え、いつもとは違う場所で撮影を行いました。

 新型コペンでは、顧客との交流を深めるために、メーカー直営の情報発信拠点「コペンローカルベース」を開設する方針です。そこで今回は、その第1号店である「コペンローカルベース鎌倉」を撮影場所にさせていただきました。

 コペンローカルベース鎌倉は、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜近くに位置します。店舗の中央に新型コペンがあることを除けば、ちょっとイカしたカフェといった感じの店構えです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.