ニュース
» 2014年08月05日 13時15分 UPDATE

製造マネジメントニュース:PTCがM2MベンダーAxedaを買収――“モノのインターネット”事業をさらに拡充

PTCは「モノのインターネット」(IoT)事業のさらなる強化を目指し、M2MベンダーAxedaを1億7000万ドルで買収することを発表した。

[MONOist]
photo

 米国PTCは2014年7月23日(現地時間)、「モノのインターネット」(IoT)事業のさらなる強化を目指し、M2Mベンダーの米国Axeda(アクシーダ)を1億7000万ドルで買収することを発表した。買収手続きの完了時期は2014年第4四半期(2014年10〜12月)を予定している。

 Axedaは非上場企業で、機械やセンサーをクラウド接続するM2Mソリューションの開発で実績を持つ。安全な通信を確立し、さまざまな機械、センサー、デバイス類を遠隔監視・管理するソリューションを展開している。顧客企業は150社以上に上り、米国通信大手のAT&Tなども含まれるという。

 PTCでは2013年12月にIoTプラットフォーム向けのアプリケーション開発・運用プラットフォームを手掛ける米ThingWorxを買収し、IoT事業への本格展開を開始している(関連記事:PTC、「モノのインターネット」向けアプリプラットフォーム開発企業を買収)。

 今回の買収により、既存のThingWorxの開発プラットフォームや、サービスライフサイクル管理(SLM)、拡張製品ライフサイクル管理(PLM)などとの組み合わせをさらに強化し、「スマート・コネクテッド・プロダクツ」時代の対応したソリューションを展開していく方針だ(関連記事:IoTがもたらす“月の陰”でもつながる価値――「戦略転換が必要」とPTC CEO)。

ビッグデータを活用してどう勝ち残るか――「製造業ビッグデータ」コーナーへ

「製造業ビッグデータ」コーナー

製造業におけるビッグデータ活用とは? ――。ビッグデータ活用による新たなビジネスチャンスの創出に大きな注目が集まりますが、その新たな価値は製造業の現場でどう生きるのでしょうか? 「製造業ビッグデータ」コーナーでは、製造業ならではのビッグデータ活用の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.