ニュース
» 2014年08月05日 13時20分 UPDATE

FAニュース:日本モレックス、高電流コネクタシステムを発売

最大40V、ACおよびDC定格の高電流ブレード。30度以下の温度上昇値の条件下では、1ブレード当たり最大100.0A、1リニアインチ当たり185.0Aの定格を提供し、電流対長さ割合を最大化した。

[MONOist]

 日本モレックスは2014年7月9日、高電流コネクタシステム「EXTreme EnergetiC」を発表した。

 EXTreme EnergetiCは、最大40V、ACおよびDC定格の高電流ブレード。30度以下の温度上昇値の条件下では、1ブレード当たり最大100.0A、1リニアインチ当たり185.0Aの定格を提供し、電流対長さ割合を最大化した。

 ライトアングルプラグとストレートセプタクルで構成され、ブレードベイ数は2/4/6のいずれかとシグナルピン数25の組み合わせを用意。また、2.00×1.65mmピッチのシングルコンタクトになっていて、設置スペースに制約のある用途でも利用できる。

 想定用途は、1U/2Uサーバやモジュラー電源、ハイエンドコンピュータ、通信機器、分電回路基板などだという。

photo

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | モレックス | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.