連載
» 2014年08月08日 10時00分 UPDATE

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(11):もうやめて! 「あっち向いてホイ」なQC矢印の乱用 (3/4)

[國井良昌/國井技術士設計事務所(Active Design Office),MONOist]
良君まじめ

いるいる! うちの会社にも「QCオタク」が。何がなんでもQC。おかずがなくても、QCを振りかければうまいメシが食えるとさ。

エリカ激怒

あぁ、あの人ね。「QC、QC」っていうから、何が「苦しい」のかと思っていたわ。


甚さん

2人とも、ちょいと言葉を慎みやがれ!! あん? QCは生産の基本形だぁ! だが、やはりQC矢印は使用禁止にした方がいいかもしれねぇなぁ。その理由はだなぁ……。


 その前に、もう少しだけQCについて解説しなくてはなりません。

 QC手法が全盛期の時代、前述のボトム層、つまり、一般社員の士気を高めるために、職場単位のサークル活動として「QCサークル」が発足しました。その目的は、作業改善一筋。さらなる活性化の手段として、「サークル発表会」の企業大会、県大会、全国大会へと発展していきました。これらのプレゼンに使用されたのが、文章や接続詞を排除したQC矢印だったのです。もちろん、これは日本独特の矢印です。

 始めは簡潔で評判でしたが、各種の方言が出現してくると、いわゆる「理解できない方言」へと変化していったのです。それが、国内から海外へ派生して、今では、「外国人技術者が悩む“日本人が多用するQC矢印”」と、筆者のコンサルタント仲間の間では言われています。

 それでは、外国人がどのように悩んでいるか、以下の例題で少し経験してみましょう。

甚さん

その理由は、これだぁ! 図2を見てみろ! STEP-1にある(1)(2)(3)と、同じくSTEP-2にある(4)(5)(6)に接続詞を入れてみやがれぇ。


外国人技術者が悩む日本人が多用するQC矢印(その1) 図2 外国人技術者が悩む“日本人が多用するQC矢印”(その1) ※画像クリックで拡大表示
良君

(まるで小学生の問題じゃないか!)それでは、解答しますよ。STEP-1(1)は「だから」、(2)は「しかし」、(3)は「しかも」の接続詞が入ります。


エリカ

STEP-2の方は……。えーと、えーと……。


甚さん

どうした、エリカちゃん! オメェさんが悩むなんて、めずらしいじゃねぇかい?


エリカ

だって、矢印が右から左を指しているんですもん。頭が混乱しちゃって……。えーとっ、(4)が「しかし」、(5)が「しかも」、(6)が「だから」でいいですよね?


 読者の皆さんは、すぐに答えが分かりましたか? これらは筆者のセミナーで定番の質問事項ですが、ほぼ100%の受講生がエリカちゃんのように戸惑います。

 実は、図2STEP-1STEP-2は同じ文章と同じ接続詞が入ります。左右を入れ替え、ちょっと上下の順番を入れ替えただけなのです。

 これが、外国人技術者が悩む“日本人が多用するQC矢印”の代表例の1つです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.