ニュース
» 2014年08月08日 16時50分 UPDATE

FAニュース:三菱重工、レーザー加工機事業に参入、2014年内の製品化を目指す

約30年間にわたり社内で培ったレーザー制御・加工技術を活用し、先進的なレーザー加工機を開発・販売する。工作機械事業部の精密位置決め技術を組み合わせることで、さらに高精度なレーザー加工機の製品化を目指す。

[MONOist]

 三菱重工業は2014年7月28日、レーザー加工機事業に本格参入すると発表した。先進的なレーザー加工機を開発・販売し、工作機械分野における新事業の柱にする狙いがある。

 同社では、社内で約30年間にわたり、世界トップ水準のレーザー制御・加工技術を培ってきた。今回のレーザー加工機事業参入に向けて、工作機械関連技術と機械加工ニーズが集積するソリューション技術センターに技術開発窓口を設置。技術統括本部と研究所とが連携することで、独自のレーザー加工機をワンストップで開発・製品化できるようにした。

 また、同社のレーザー制御・加工技術は、レンズやプリズムなど独自の光学系設計技術に加え、航空・宇宙分野やガスタービン、原子力分野など社内の先端事業で培ったレーザー加工技術を強みとしている。今回、さらに工作機械事業部の精密位置決め技術を組み合わせることで、高精度なレーザー加工機の製品化を目指す。

 今後は、レーザー加工機に対する市場ニーズを踏まえて各種製品を開発し、年内をめどに製品化する。さらに、製品を加工現場に提案することで潜在ニーズを掘り起こし、付加価値の高い技術開発と製品ラインアップの拡充を図るという。

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.