ニュース
» 2014年08月13日 10時23分 UPDATE

もう上下を間違えない:次世代USBコネクタ「Type-C」仕様策定完了 小型で上下リバーシブル

プラグの向きやケーブルの向きを気にすることなく利用できる次世代USBコネクタ「USB Type-C」の仕様策定が完了した。

[MONOist]
photo

 USB規格策定団体のUSB Implementers Forumは2014年8月12日、製品の薄型化に対応した次世代USBコネクタ「USB Type-C」の仕様策定が完了したと発表した。

 新コネクタのサイズは現行の「USB 2.0 Micro-B」と同程度ながらも、転送速度はUSB 3.1と同等の最高10Gbpsとなり、給電能力についても、最大100Wまでの給電が可能となる。

 形状が一新され、表裏のどちらからでも抜き差しできる。およそ1万回の抜き差しが可能だという。このために既存コネクタとの直接的な互換性は失われるが、新旧の製品をつなぐケーブルやアダプタについても定義して、ユーザーが既存の製品を使えるようにするとしている。

関連キーワード

USB | 転送速度 | USB 3.1


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.