特集
» 2014年08月18日 12時00分 UPDATE

Made in Japanの技術力:「全ての工程を日本国内で」――日本の技術力を注ぎ込んだiPhoneケースとは (1/2)

アパレル製品やiPhoneケースなどの企画販売を手掛けるDAQが2014年5月29日に発表した、ジュラルミン製iPhoneバンパー「SQUAIR Duralumin Bumper Quattro for iPhone 5s/s」。非常に高級な部類に属するiPhoneバンパーだが、そこには日本の高い技術力を生かした“Made in Japan”のモノづくり精神が込められていた。

[陰山遼将/小林由美,MONOist]
120_rk_140731_daq1.jpg

 アパレル製品やiPhoneケースなどの企画販売を手掛けるDAQは2014年5月29日、東京都内で新製品発表会を開催し、ジュラルミン製iPhoneバンパー「SQUAIR Duralumin Bumper Quattro for iPhone 5s/s」(以下、クアトロバンパー)を発表した。色はブラック、シルバー、ゴールドの3種類で価格は5万円(税抜き)。同社の直販サイトから購入することができる。


rk_140731_daq2.jpgrk_140731_daq3.jpg 「SQUAIR Duralumin Bumper Quattro for iPhone 5s/s」のゴールドを装着したiPhone 5(左)と、パーツを取り外した状態(右)。ネジを使わずに装着することが可能だ(クリックで拡大)
rk_140731_daq88.jpg 4つのパーツを細長い箱に収めるようなパッケージデザインになっている

 これは同社のデバイスケースブランド「SQUAIR」の新製品だ。同製品は、「Made in Japan」を製品コンセプトの1つに挙げており、その製造工程の全てをSQUAIRに協力・賛同する日本国内の協力企業が手掛けている。同年5月8日には、バンパーと同じ“純日本製”のジュラルミン素材のiPhoneケース「SQUAIR Duralumin Mesh Case for iPhone 5s/5」(以下、ジュラルミンメッシュケース)(10万8000円、税抜き)を発表している。

「日本って技術を売り込むのが下手だと思う」

rk_140605_daq4.jpg DAQ 代表取締役の後藤鉄兵氏

 DAQ 代表取締役の後藤鉄兵氏は会見で、「iPhoneアクセサリーの市場規模は2兆円といわれているが、そのほとんどが中国など日本以外の国で作られている状況。自分はそれをすごく悔しいと思っている。日本は本当に技術を売り込むのが下手だなと感じている。自分はそんな状況がすごく悔しい。だから、われわれのようなマイノリティなベンチャーが日本の高い技術力を生かして、自分たちにしかできない個性的な商品で世界と勝負したい」と「Made in Japan」にこだわる理由について説明した。

 また、その価格戦略について「iPhoneケースは時計などと違い、まだ高いものを身に付けて他人と差別化するといった文化がない。でもそれは最近変わりつつあると感じており、そういった市場を新たに切り開いていきたい」と語った。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.